« 制作記録2.10 | トップページ | Holt tank HA36 (ホルト HA36戦車) »

2012年4月29日 (日)

Grosstraktor II 完成。

久々の投稿です。仕事が忙しく作業時間がとれず、チマチマ暇をみて作ってきました。
とりあえず、Grosstraktor II (重トラクター)は完成いたしました。
イメージ優先で形状におかしな箇所も多々ありますが…
ありとあらゆる物がキット化されている現在、こんなマイナーな車輌もそのうちキット化されるかもしれませんね。

Rimg0207

Rimg0212

Rimg0215

Rimg0209

Rimg0180

Rimg0173


« 制作記録2.10 | トップページ | Holt tank HA36 (ホルト HA36戦車) »

コメント

リベットさん、お久しぶりです!
とても楽しみにしていた車両が見れて嬉しいです。組み立ても素晴らしいですが迷彩塗装がなんとも不思議な雰囲気をかもしだしていて参考にさせていただきます。
ミリテールフォーラムも拝見しました。私はマチルダ1が完成しました。現在は少し色を戻して塗りなおしました。流行の塗装を最後に少し取り入れていましたが油でのフィニッシュのほうが自分好みなので次回からはチッピングや粉物の塗装を控えめにしようと思います。流行にあまり流されない自分スタイルで!なんていうとカッコイイですが塗装時間の短縮が大きな理由です(笑)
次回はどんな車両に兆戦されるのか楽しみです!

素晴らしい作品です。とても手作りとは思えません。どこかのガレージキットだと勘違いしそうです。

>ありとあらゆる物がキット化されている現在、こんなマイナーな車輌もそのうちキット化されるかもしれませんね

いや、おそらく無いんじゃなかろうかと・・・と言いつつ世の中何が起こるかわからないからなぁ

完成おめでとうございます!
またまた素晴らしい作品ですね

たとえキット化されようとも、このテイストは絶対に出ないように思います。
特にこの年代の車両は、こういう工作方が合うような…

ともかく素晴らしい塗装の完成画像と、塗装前の画像のコンビネーションは、もうご飯が何杯でも食べれそうな感じです(^-^)

少年倶楽部のイラストみたいでワクワクしますたヽ(´▽`)/
側面のガード枠とか後部の砲塔とか、デザイン的にも目を引くポイントが多いですねー。

● たーさん、どうもです。ブログ更新もいい加減で、申し訳ないです。
マチルダ1も素晴らしい仕上がりで、塗装も参考になりました。
私も塗装に関しては自分のスタイルでイメージ優先なので、
技法自体に傾倒しないようにしています。
次回作ですか?うーん、何となく決まっておりますがどうしようかな〜

●九二式重機 さん、いらっしゃいませ!
履帯も流用だし、手早く完成させるつもりが、以外と時間がかかってしまいました。
こんなマイナー車輌ですがドイツ物だし、わかりませんよ〜。
話が変わりますけど、四式、ファインからようやく出ますね。
いい時代になったものです。

●きゅう太さん、こんにちは!
いやー、なんだかんだで時間がかかってしまいました。
スクラッチって作っても作ってもプラモの在庫は減らないのです。
途中何度も市販キットの誘惑がありましたが一旦、別の物を作ると絶対完成しなくなるので、
とりあえず完成で一安心。ヨカッタ、ヨカッタ。

●ワンギャルさん、こんにちは。
戦車としてはまだ洗礼されていなさが、また魅力的な車輌でした。
少年倶楽部のイラストみたいと言って頂き、嬉しいです。
話が横に逸れますが最近、復刻した『少年倶楽部』附録大模型 軍艦三笠!
あれを最近作りたいなと思っておるのですが…
あのズングリしたボディがたまりません。

すばらしい!!!
工作力・・・
塗装仕上げも~っ♪
完成作品、堪能させて頂きました(^-^)v

ハッチの大きさ等から察するに、今回も、かなりのボリュームですね。大戦末期のドイツ戦車と同系3色なのに、全くイメージが違って、レトロな味が漂っているのが良いです。連装砲塔で、このサイズだと、戦車兵の作業性は、かなり悪かったのではないでしょうか?

相変わらず良い仕事されていますね!
この辺りはもうキット化されないものだと思いますので、立体モデルとして非常に価値のある作品ですよ!
また東京AFVの会で見せて下さいね!

●kunihikoさん、お久しぶりです。
ちょっと時間がかかりましたが、ようやく、完成いたしました。
kunihikoさんも精力的に色々作られていますね。季節の変わり目、
体調など崩されませんよう お気をつけください。

●パッヘル砲さん、こんにちは。
この戦車、ボリューム自体は4号戦車ぐらいですね。
ここ最近デカイものばかり作ってきたので、少々物足りない感じもします。
主砲の上面部の出っ張りは俯角をとる為の物だったらしく、
砲手の作業性は悪かったでしょうね。
パッヘル砲さんは今は何を作られていますか?

●戦車大好きさん、こんにちは!!
ありがとうございます。自分だけの一台というのは、
なかなか感慨深いものがあります。
とはいえ、もう5月、今年になってようやく一台目、生産性悪いですね(笑)
次回は少しお手軽な物を作ろうかと思います。

祝!完成!!
相変わらずのため息仕上がり素晴らしいですね~。

ペパクラをなめてはイケません!うっかりキット化される可能性が(爆)

ナオさん、ありがとうございます。ペパクラではありそうでうね。
さて、次回作はナオさんのところで話題になった車輌を作ろうかなと思っています。
図面作成中です。

リベットさん、こんばんは。
次回作がとても楽しみで気になっていたのですがナオさんのところで・・・というヒントがでて思わず反応してしまいました(笑)95式重戦車ならイイナ~と思っています。
重戦車が好きなので予想が当たればなと!!
私はお手つきキットを完成させるのが最優先でしょうか!
しかしながら今、興味があるのが日本製レジンキットのSMK重戦車です。パーツを画像で見ましたが組み立てやすそうです。ロシアの初期の不思議なグリーンを練習するのに良いかなと思います。
次回のヒント、楽しみにしています!!

素晴らしい出来です。
秋の東京AFVで是非拝見させていただきたいですね。

さて、上のコメントでたーさんが予想されていた<95式重戦車>ですが、実は私も数か月前のナオさんの作品を見て以来、ひそかに1/16スクラッチビルドの計画を立てて、資料を集めたり、ラジコンメカ配置の検討などをしていました。

以前から考えていた八九式よりもこちらの方が簡単そうだし、資料も少ないので、適当に作っても誰も分からないだろう、なんて思ってます。図面は見たことなかったのですが、ナオさんのペパクラ展開図に触発され、これを拡大して1/16にしようという気になりました。ボール紙で簡単な車体を作り、タミヤのギヤボックスが収まるかとか、後部銃塔との干渉はないか、サスや転輪は何で作るか(低融点金属鋳造or金属板?)などを考えているところです。

参考になるのはフェアリー企画のレジンキットを作った人の記事ぐらい。
http://www.geocities.jp/jiwabon/japan/95ht.htm
http://akirashikikai.blog70.fc2.com/blog-category-88.html
http://sensha.269g.net/article/17057551.html
本に出ている実物の写真も少ししかないようです。

私も<ナオさんのところで・・・95式重戦車>という書き込みを見て思わず反応してしまいました(笑)。

●たーさん、こんにちは。
う〜ん、95式重戦車ですか、違うんですよね
ヒントは手のひらサイズの豆戦車なんです。
サイズも適当で人物から割り出しています。
GW中にサックリ作ろうかなと思ったのですが・・・
あっと言う間に休みが終わってしまいました。
もう少し形になったら発表したいと思います。
日本製レジンキットのSMK重戦車ですか、また面白そうな素材ですね。
是非製作の際は拝見したいです。

●むろさん、お久しぶりです。
AFVの会には持っていく予定なのでその際は宜しくです。
95式重戦車で盛り上がっていますが(笑)この車輌も面白そうですね。
ナオさんの展開図を参考にすれば、作りやすいかもしれませんね。
資料ありがとうございます。スクラッチされている方もおられますね。
あっ!2Cのほうは進捗どうですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Grosstraktor II 完成。:

« 制作記録2.10 | トップページ | Holt tank HA36 (ホルト HA36戦車) »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ