« Thomas Edward Lawrence | トップページ | PDFデータと子供のフィギュア »

2012年8月28日 (火)

Thomas Edward Lawrence 完成

T.E.ロレンスさんが完成しました。
顔、手足はシタデルカラー。衣類等はアクリル絵の具で塗りました。
場所によっては粗い箇所もあるのですが、とりあえず完成ということで。
目がバカになってしまって、あとあと修正していきます。

Rimg0228_01

Rimg0227_02

Rimg0229_03


« Thomas Edward Lawrence | トップページ | PDFデータと子供のフィギュア »

コメント

リベットさん、こんばんは。

もう仕上がっているではありませんか!!
すばらしいです。

AFVの車体ばかり製作している私ですが実はフィギュアのストックはかなりあります。やはり塗装にタンクと同じくらい時間がかかる(私だけ?)のでどうしても踏み出せません。

来年あたりから情景に挑戦しようと思います。小さなものルノーFTなんかで練習したいです。草や木の材料があふれてます(笑

たーさん、いらっしゃいませ!
コメント、ありがとうございます。
フィギュアの表現方法は無限であり、試行錯誤の連続で、苦労もありますが色々と楽しいです。
是非、たーさんもチャレンジしてください。
あの素晴らしい車輌とフィギュアの組合わせも見てみたいです。

金色が非常に良い感じですが,何を御使用ですか?昔,リキテックスのブロンズが,こんな感じでしたが,最近は新色に世代交代したようで,フォローできていません。

パッヘルベルさん、こんにちは。
金色はホルベイン アクリラのパールゴールドです。
使用頻度が低いので、かなり前のタイプのチューブです(笑)

リキテックスは重ねていくと塗膜に艶がでてくるのと
下地をちゃんとしないと、ズルッと剥がれそうな感じが苦手で、
アクリル絵の具でもガッシュ系の方が私は扱いやすいです。

完成ですねぇ。流石に造形したご本人が塗られてるんで塗装と造形の雰囲気がマッチして独特のタッチで仕上がってますね。やわらかい感じがとってもいいと思います。
白い服の陰影って難しいものですが、砂漠の色を上手くとりいれて仕上げられてますね。

カニオ+さん、コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、塗装の誤摩化し(笑)で考えた箇所もあり、
造形の詰めの甘さは今後の課題とする所です。

最近は凄腕の造形師さん達のサイトばかり見ていて、
技術的なものも さる事ながら、圧倒的な造形力に刺激をもらっております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Thomas Edward Lawrence 完成 :

« Thomas Edward Lawrence | トップページ | PDFデータと子供のフィギュア »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ